Scenario – Opening

| 2011年1月28日

『FFX』のシナリオ初期プロットを本邦初公開。実際のゲーム中とは大きく異なる部分を中心し、シナリオチーム4名のかたがたのコメント付きで紹介していこう。 左から、北瀬佳範(ディレクター)、 鳥山 求(イベントディレクター)、渡辺大祐(シナリオプランナー)、野島一成(シナリオライター)[敬称略] オープニング ・廃墟となった古都レギスタン (以降が回想であることを告げるシーン) 悄然としている旅人たち。ひとりの青年が立ち上がり、水に入っていく。少し泳いでから背泳ぎ。そのまま中止して浮かぶ。 ナレーション「最後かもしれないから、たくさん話したいんだ」(ティーダの第一声) (ティーダの第一声) ・首教都レギスタンの海中 泳いでいる若者。力強く海面を見指す。 ・海上都市レギスタンを見上げる海(夜) 海面に顔を出し、見上げると光あふれる摩天楼の都市レギスタンの姿。低く聞こえる祈りの歌。 ・エボンドーム外(夜) 「祈りの歌」が流れている。石段にすわった若者たち。時をもてあましている。亜人種のカップルの待ち合わせ姿。祈りに訪れる人たちが行き交う。 (※寺院が生活にとけこんでいる様子) ・エボンドーム内(夜) 「祈りの歌」が流れている。3人の男女。 (ティーダの友人A-男、友人B-女、C-女)  楽しそうに会話している様子。遠目に祈っている人々の姿。  ひとりが「腕時計」を見る(もしくは大きいな装飾の「壁時計」)。24時間で言えば、19時ちょっと前くらい。遅いなあといった身振り。 [解説「エボンドーム」]  レギスタン建国の祖エボンを祀った場所。大勢の人が入れるように広い。周囲も壇上で、人が入れるようになっている(すりばち状)。正面にも「逆さエボン」の紋章が祀られた祭壇。天井にはエボンの肖像が描かれている。レギスタン住民はここにきて祈りを捧げたり知人と会ったりする。社交場(レギスタンでは娯楽はほとんどない)。人々は日々息災に暮らせることをエボンに祈る。レギスタンでのエボンは神格化されているが宗教というものではない。エボンが何かを要求したりはしない。 「祈りの歌」はこのドームから街に流されている。 ・レギスタン海中施設  レギスタンの海中部分にある施設にいる若者。 ・名前入力  若者がティーダという名であることがわかる。ティーダを襲う気配を見せつつも、防御シールド(金網)を破れずにいるモンスターの姿。ティーダはモンスターに嘲笑を浴びせて施設の故障個所を目指して進む。  施設の修理を終え、帰ろうとするティーダを金網を突き破ったモンスターが襲う。 ・エンカウント・バトル「vs海中ボス」  ティーダがしなやかな動きでモンスターを倒す。  金網にあいた穴から施設を出るティーダ。底も見えない海の深みからやってくる強大な生物『シン』を目撃する。微笑み、『シン』を見送るティーダ。  「腕時計」を見るティーダ。時間を知りハッとする。24時間で言えば、19時10分過ぎくらい。 鳥山 レギスタン! なつかしい名前だね。 北瀬 なんで、レギスタンからザナルカンドに名前を変えたんだっけ。 渡辺 レギスタンは、実在の広場の名前だから。 鳥山 ザナルカンドは、サマルカンドあたりから? 野島 とにかく「スタン」か「カンド」は、やりたかったんですね。配管工で、路上のカラーギャング風っていうのがティーダでした。生活に疲れちゃいないけど、いつも怒っているみたいな。北瀬さんが「これだと主人公して弱い」って言うので、最後的にはスポーツのスター選手にしたんです。 開発初期に描かれた、レギスタンのイメージイラスト。ゲーム中のザナルカンドにかなり似ている。 Related ArticlesScenario – Auron of the Crimson Blade An early illustration of a Crimson Blade member. […]

Map Analysis Part 7

| 2011年1月25日

Map Analysis Part 6

| 2011年1月23日

Map Analysis Part 5

| 2011年1月22日

Junon Pub Speculation

| 2011年1月21日

Map Analysis Part 4

| 2011年1月21日

Map Analysis Part 3

| 2011年1月20日

Map Analysis Part 2

| 2011年1月19日

Map Analysis Part 1

| 2011年1月18日

Temple of the Ancients

| 2011年1月17日

Unused text from the Temple of the Ancients in which Sephiroth explains the origins of summon materia. This is curious because it seems to describe a process similar to the way he himself has become immortal. KURO_82 セフィロス Sephiroth: 「かつて古代種がさかえたころ During the time when the Ancients  豊富な魔晄の光をあびて prospered there existed beings that  育った種族がいた」 grew up […]