The Men Who Made Zelda – Staff Interview

| 2011年5月28日

Related ArticlesOfficial PrologueThe Link to the Past soundtrack CD set, released in 1993, contained a second CD with orchestrated music from the title. The very last track was called “Sound & Drama” and told a radio-play style … Early ScreenshotsNow updated with new screenshots and commentary from Fizz. “The third in the Zelda series will […]

The Prologue

| 2011年5月26日

I’m not sure if this is even an issue anymore, but I recall there being some confusion amongst English fans about who Link was searching for in Majora’s Mask. (Whatever became of his quest, anyway?) Hopefully this will clear things up. The following is a short prologue to Majora’s Mask from an image in the […]

The Story Continues

| 2011年5月25日

Related ArticlesThe Beginning申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。

Part 2: The Sector 7 Slums

| 2011年5月14日

Narratively, the events in the Sector 7 Slums serve to bring the player closer to the main characters and the slum dwellers. Originally this narrative included a lot more obligatory and optional dialogue, such as more interactions between the AVALANCHE members and Cloud, references to Sephiroth (and even a glimpse of our antagonist via two […]

Crazy Commercial Revisited

| 2011年5月12日

出る出る、ゼルダの伝説 deru deru, zeruda no densetsu It’s coming, coming, The Legend of Zelda 出る出る出る出るついに出る deru deru deru deru tsui ni deru It’s coming, coming, coming, coming, finally coming ゴージャス、今度の冒険 gojasu, kondo no bouken This adventure is gorgeous! リアル、君もすぐに体験 riaru, kimi mo sugu ni taiken Soon you too will be able to experience the realism 憎いでやんすね、こんちくしょう […]

Retranslation Redux

| 2011年5月11日

Though the omission of information due to spacing issues isn’t as drastic as the loss that occurred in the retranslation of Adventure of Link, a retranslation of The Legend of Zelda reveals mistranslations and a number of dialogue boxes that were translated differently, their hints replaced or outright erased. No wonder the game was so […]

Retranslation

| 2011年5月10日

Due to spacing issues with the text boxes of Adventure of Link, a lot of information got lost in translation. Though the script for the game is only 683 words long, a retranslation reveals at least one lost reference, two dialogue boxes that were translated differently, and a couple of messages that seem unique to […]

Part 1: The Bombing Mission & The Train Ride

| 2011年5月7日

The original Final Fantasy VII is widely known for the many secrets left behind in its code. However, by using a field editor anyone can view the game’s used and unused script. This series of articles will present to the reader, in addition to entertaining commentary, all the unused text in the game in an […]

Staff List Interview

| 2011年5月4日

小学館の攻略書からのインタビューだ。この攻略書に夢を見る島のプロローグもある。 「ゼルダの伝説 夢をみる島」のスタッフのほとんどは前作と同じメンバー。スーパーファミコン版に匹敵するボリユームと楽しいストーリーもこれでうなずける。彼らは今から1年半前に、放課後のクラブ活動のように「ゲームボーイでゼルダをつくろう!」と集まったという。スタッフの紹介と「特別フロク・開発者からのドリル」をここに掲載しよう。 ①「ゼルダ」で担った役割。 ② 生年月日。 ③ 身長。 ④ 体重。 ⑤ 出生地。 ⑥ 既婚・未婚 ⑦ 好みのタイプ。 ⑧ 趣味。 ⑨ 尊敬する人。 ⑩「ゼルダ」をつくる前は? ⑪ ニックネーム。 ⑫「ゼルダ」のここを見てほしい! ⑬ この際言っておきたいこと。 宮本茂 ① プロデューサー、というよりも、ゲーム制作後半に「発言力の強いモニター」として参加させてもらいました。 ② 1952年11月16日。 ③ 167cm。 ④ 64kg。 ⑤ 京都府。 ⑥ 既婚。 ⑦ ⑧ ゲームづくり。 ⑨ スーパーファミコン版「ゼルダの伝説」。「スーパーマリオワールド」。スーパーマリオカート」。「スターフォックス」など。 ⑩ ⑪ もうニックネームがない歳になりました(笑)。 ⑫ こなれたところ、って感じがしません? ⑬ 海でするかね? Translator’s Note: The original interview […]

Prologue

| 2011年5月1日

小学館の攻略書からゼルダの伝説:夢を見る島のプロローグだ。 邪悪の王ガノンの魔の手から、ハイラルに平和をとりもどした勇者リンクは、 新たな災いにそなえて修行の旅にでた。 それは異国での修行を終え、ハイラルにむかう航海の途中のこと。 それまでおだやかだった海が急に荒れはじめ、 リンクの乗る船は嵐にみまわれた。 船は稲妻に打たれてまっぷたつになり、 リンクはその残骸とともに深い海の底にしずんでしまったーー。 「あっ!気がついたのね」。「……ここは…?」。 気がつくとリンクはベッドに寝ていた。 奇跡的にも島に流れつき、砂浜にたおれているところを マリンという女の子に助けられたのだ。 リンクが流れついたのはコホリント。 山の上に大きいな卵があるふしぎな島だ。 その卵には「風のさかな」と呼ばれる神がねむっているという。 なくした剣をさがしに海岸にでたリンクは、しゃべるフクロウに出会う。 「島からでたければ『風のさかな』にたのむことじゃ。 もっとも、目ざめさせることができたらの話じゃがな」。 フクロウの話によると「風のさかな」は 「セイレーンの楽器」で起こさなければならない。 しかもその「セイレーンの楽器」はコホリントに巣くう 8匹の魔物がかくし持っているということだった。 リンクはふくろうのあやしい言葉にためらいながらも 「セイレーンの楽器」をもとめて、魔物がすむどうくつへとむかった。 今まさに、見知らぬ南国の島で 「風のさかな」をめぐる冒険がはじまろうとしている。