TVピピルの纏め

Posted By at 1:29 AM on Thursday July 5, 2012

Share

A half-assed summary I wrote on Haruki Murakami’s novella, TV People. It was submitted to a 3rd year university reading & writing class.

 「TVピプル」は村上春樹に書かれた本である。プロットはTVピプルと呼ばれる変な人間に訪ねられる一人の男の内容である。

 この中年の男性は奥さんと普通の生活を過ごしている。毎日、仕事に行ったり帰ったりする。本も読む。ビールを飲む。まさに普通の生活だ。

 ある日、奥さんが家を出かけているうち、3人のTVピプルという小さい人間がテレビを運んで勝手に窓から主人公のリビングに入る。何も言わずにサイドボードにある物を床に突き落として、そこにテレビを置く。

 主人公が驚いたことには、普通に知覚力の鋭い奥さんが帰るとテレビを注目しないようになった。

 似ているようなイベントも彼の仕事に起こる。TVピプルが会議の途中に現れて、テレビを運んで会議室に置こうとする。同級生にTVピプルの事について尋ねると微妙に答えてくれない。皆がTVピプルの存在に特に反応しないから、彼らの存在に気づいていなかったのは主人公だけだと主人公は心配し始める。

 彼が帰ると一人はテレビを見ている。テレビの画面の中で、他のTVピプルは何かを作っている。一人のTVピプルは「飛行機を作っている」と主人公に教える。しかし、作られている物は彼の目には飛行機に見えない。TVピプルが「奥さんがもう帰ってこない。もう駄目だ。」という事も彼に言う。主人公は反抗しようとするために何かを言いたいが何も言えない。ちょっと考えると、彼は無力感に満ち溢れこの現実を受け止める。TVピプルの身元は本で明らかにされていない。

Share

Return to Writing Index

Comments

Cool Custom Drawing

Leave a Reply

Cool Custom Drawing
Pinterest